150622

紫陽花を買いました。
我が家の“狭小”ガーデニングスペースに植えるためです(笑)

以前はそこに雑草が生え、その後大好きなポピーがたくさん咲いた
ので、しばらくそのままにしていましたが、それもなくなった今、
何か植えたいなと思ったところ、季節柄、紫陽花がとてもきれいだった
ので、何鉢か買ってきました。

サイモントン療法のセラピストで仕事仲間のあずみゆきこさんが
先日、我が家に泊まった際、スコップを持って土を耕して
草花のベッドを作ってくれました。

こんな立派な紫陽花の鉢植え、近くの二子玉川(東京都)だと
4,800円ぐらいするようですが、これは車でちょっと足を延ばして
長津田(神奈川県)のホームセンターで1,000円で入手しました!

来年は花も増えるかな、と思うと今からとても楽しみです。

さて、今回のテーマは「子育てで後悔している人がやるべきこと」。

今回ご質問をお寄せくださったのは、小学4年生の男の子を持つお母様。

ご自身が常に抑制的で、お子さんと思い切り遊んであげることができず、
これまでずっと「頭で」子育てをしてきたことを後悔なさっている
ということです。

そして、今からでも息子さんとの向き合い方、接し方を変えていきたいと
思うものの、何をどうしたらよいのか分からない、というお悩みです。

子どもにとって、親は最強のサポーターです。

サポーターである親は「いつもあなたを思っているよ」という姿勢を
子に伝え続けることが大切です。
たとえ不器用であっても、「ずっとあなたの味方だよ」という
サポーターとしての姿勢を伝え続けることが必要なのです。

そして、それをスムーズに伝えることができる“魔法の言葉”があるのです。

続きは、こちらのVideoでご覧ください。

PS 
ご自分のお子さんに対する「申し訳ない」という気持ち、
子育てへの漠然とした不安……それらを軽減するのに、
こちらのプログラムがきっと役立つでしょう。
 ↓
http://www.kawabatanobuko.com/sp/CPD_KSM/index_kw.php

―――お願い―――

今日の情報で役だったこと、実行して効果があったことを
Facebookで拡散してください。
やり方は簡単です。ブログ記事の下にあるシェアボタンを押して、
2、3クリックすればシェアできます。

質問もお待ちしています。


Facebookでも情報を発信しています。こちら↓
https://www.facebook.com/kawabatanobuko/


こちらからYouTubeチャンネルに登録すれば
新しいVideoを見逃すことなくご覧になれます。↓
https://www.youtube.com/user/kawabatanobuko

コメントはこちらから

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、 が付いている項目は必須項目となりますので必ずご記入をお願い致します。

2 件のコメント

  • 芭蕉宮生子 より:

    中国で13歳の娘と二人暮らしです。娘が言う事を聞かないので、彼女の最も愛する毛布とi-padを取り上げ、暴言と暴力も出してしまいました。1週間以上口も聞かず、少し触っても汚いと言って蹴られ、学校も行ってません。昨日よりしばらく他人の家に預けたところ、13歳とは思えないような恨んだ文章をWeChatで書いてよこし、連絡を切断されました。もう二度と彼女の心を開くことはできないのではないでしょうか。以前もよくあったのですが、今回は全く心に変化が見られません。13歳でここまで人を恨めるものなのか、どう対応していいかわからなくなってます。母としても非常に怖く、手紙を書いても、謝っても、冷たく無表情で、対策も尽きてしまい、これからどうしていいかわかりません。こんな状態が続くなら、私が死ぬか娘に死んでもらいたいと思うくらいです。人はそれほど長く恨むものなのでしょうか。私は56才で42才の時に生んだ一人娘です。仕事も忙しいので、小さい時はずっと人に預けて、6年生から一緒に住んでいます。甘やかした点も反省してますが、あまりに利己主義な子供にみえ、つい頭にきてしまうことも多いのも事実ですが、以前は物を返せば、2日ほどで戻りました。私がどんなに譲歩しても、理解してもらえず、今後どうすれば良いのか、何か言葉をくださいませんか。

  • 日本最高級激安高品質スーパーコピーN級品 より:

    ウブロスーパーコピー(N級品)販売通販専門店
    ウブロコピー、ウブロスーパーコピー、ウブロコピー時計、
    ウブロコピー代引き、ウブロコピー 時計通販、スーパーコピー、
    各種海外有名ブランド時計品を豊富に取り揃え、
    しかもお客様を第一と考えて、驚きの低価格で提供しております